FC2ブログ

エベレスト街道トレッキング

Category :
5月に(おっと)
ネパールはヒマラヤのエベレスト街道に行ってきました
エベレスト街道とはネパール側からのエベレスト登山に向けたベースキャンプまでの
標高2800~5000m程度の高地にある街道のこと

街道というだけあって、集落やホテル街が多数あります
ネパールでは当たり前に人が住み、観光地となっています

ベースキャンプまで行くとなると、高度順応も含め、2週間程度必要なのですが
僕にはそこまでの時間が取れなかったのでタンボチェまでの往復5日間
(ベースキャンプまで行くのは欧米系の方々がほとんど。休みの取れ方が、うーうらやましー)

エベレスト街道については詳しいサイトが多数ありますので、写真中心で
今回は現地日本語ガイドとポーターと一緒にトレッキング




P4284025_convert_20190718201251.jpg

カトマンズ空港の国内線が工事中のため、カトマンズから車で4時間のラメチャップ空港に
これがチェックインカウンター




P4284035_convert_20190718201310.jpg

着いてはすぐに飛び立つ飛行機
給油から何からご覧の通り
青い積み荷が僕のザック
この後無茶苦茶に押し込まれ、殴られます
ネパールの洗礼(ザックの)




P5034759_convert_20190718203055.jpg

でもフライトアテンダントさんは美人
オールおっけい




P4284049_convert_20190718201353.jpg

たった30分のフライトなのに機内サービスあり
食べ放題の飴と、綿の耳栓
ちなみにネパールではノースフェイスよりモンベルの方が高いらしい





P4284077_convert_20190718203025.jpg

到着したルクラ空港は世界でトップクラスに危険な空港
滑走路はご覧の長さ
画面中央のオレンジ色は先週の事故の残骸飛行機
パイロットが亡くなられたそう




P4284064_convert_20190718201411.jpg

到着後ロッジでお茶と朝ごはん
とにかくお茶をよく飲まされます




P4284091_convert_20190718201555.jpg

チベット仏教関連のものが多く、正面の金色のものはマニ車
一周回せば念仏を唱えたことに
旅中100個以上あったかもしれませんが、晴天祈願にことごとく回しました




P4294233_convert_20190718202827.jpg

見たことあるでしょ





P4294262_convert_20190718202040.jpg

ロッジはこんな感じ
日本よりずっと快適




P4284160_convert_20190718201806.jpg

ロッジの3歳のソナン君と遊ぶ
といっても標高3000m以上の高地
息の上りが半端ない
ソナン君も容赦なく、この後思いっきり石を投げつけてきました
ちなみにネパールでは曜日によって名前を付けたりするらしく、同姓同名ばっかり



P4294197_convert_20190718201844.jpg

ランチをとるロッジもかわいかっこいい




P4294220_convert_20190718201933.jpg

トイレは水洗
お尻を手水で洗います
緑のミニバケツで水をお尻にドバ
初回はもれなくズボンびちゃびちゃ
紙で拭いたら前のゴミ箱に(でも郷に入っては郷に従え)




P4284120_convert_20190718201643.jpg





P4284135_convert_20190718201729.jpg

どこまでも続くロバ
車が禁止のため、ロバか人が物資を運ぶ




P4304426_convert_20190718202202.jpg

最強のトイレ
とりあえず大は我慢して退散
水もない、ゴミ箱もない
用の足し方がわかんない
(正しくは前の葉っぱやら枝で拭くらしい)
左手前の壁は、焚きつけようのヤク(毛長牛)の糞





P4294249_convert_20190718202013.jpg

ナムチェにある標高3000mのホテル街
一泊2万円のホテルも
売ってる安い登山用品はすべて偽物
でも安い、安すぎる




P5014612_convert_20190718202546.jpg

今回の最高地点タンボチェ
すごい景色




P5014522_convert_20190718202339.jpg

タンボチェにあるタンボチェ・リ(タンボチェの丘)から
中央のピークがエベレスト




P5014546_convert_20190718202412.jpg

ここまで来た-

まだまだ先はあるのに-
が交差




P5014560_convert_20190718202458.jpg

丘正面から、拡大なしで撮影
撮影場所と正面の山の標高差は4000m
日本のどこよりも高い、マジかよ




P5014650_convert_20190718202726.jpg





P5014637_convert_20190718202651.jpg





P5024731_convert_20190718202942.jpg

最後のロッジで打ち上げ
ロッジお手製のトゥンバ
粟を発酵させたものにお湯を注いで飲みます
味はグッド

ちゃんとしたとこでは樽の入れ物に入ってます、が、
今回はトイレでお尻に水をかけるミニバケツでのご提供
しかもストローは絶対テントのポール
ネパール大好き☆





コメントは記事上部にあります。お気軽にどうぞ♪

もしよければ
 にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
 
にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
 にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ

スポンサーサイト



テーマ : 山の風景
ジャンル : 写真

お久しぶりです。(下ノ廊下写真)

Category :
前回更新からかなり空いてしまいました。
水草レイアウトは一度リメイクして、現在溶けたクリプトの復活待ちですので、他の写真を。



PA073893_convert_20181027192902.jpg

富山県黒部川(黒部湖-欅平)を結ぶ「下ノ廊下」
写真中央の岸壁に水平に走る横線が道です。
かつて電力事業で黒部ダム(黒部第四発電所「くろよん」)が作られる時に、
建設作業用の道として整備され、今もおよそ10月のみ開通される登山道





PA073885_convert_20181027193438.jpg

高さは高いところでは100mは軽く越えます。
なので落ちたら終わりの崖っぷちですが、
素晴らしい景色が続きました


自然が素晴らしいことはさることながら、
今年も2名が既に亡くなられた道ですので
当時この道を作られた作業員の方々(きっと事故も起きています)、現在も維持補修をされている方々に
尊敬の念を浮かべながらの登山でした。
行って良かった。
行かれる方は天気、体力を十分に考えて望んで下さい。
素晴らしいところです。





コメントは記事上部にあります。お気軽にどうぞ♪

もしよければ
 にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
 
にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
 にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ

テーマ : 山の風景
ジャンル : 写真

ありがとうございました

Category :
山岳救助隊の9名が事故で亡くなられました
毎日誰かが救助されている雪山救助の訓練は相当なものなのでしょう
私は雪山はしませんが、いつお世話になるか分からない身
ご冥福を祈るとともに
安全の決意を新たにします。




PA092327_convert_20170306221334.jpg




写真は祖母山にて

コメントは記事上部、左手より。お気軽にどうぞ♪
 にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ もしよければ
 にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
 にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ

テーマ : 山の風景
ジャンル : 写真

現れる

Category :
P8132109_convert_20160818233557.jpg

これから行く道が現れる
遠くから僕を見る人は
雲の中に消える人を見ることになったのだろう



写真は鳳凰三山にて

コメントは記事上部、左手より。お気軽にどうぞ♪
 にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ もしよければ
 にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
 にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ

テーマ : 山の風景
ジャンル : 写真

岩の隙間の花

Category :
P8132088_convert_20160818233458.jpg

高山ではよく見る風景ですが
ほとんど土が見えない岩と岩の隙間から
驚くほどの花を咲かせる高山植物
よく上手にそこに種が落ちたんだなあ





P8122053_convert_20160818233340.jpg

こちらはテン場や登山道際によくある花
虫が恐ろしいほどたかる、森のレストラン
だから虫が写ってない写真を撮れたのはホント偶然




写真は鳳凰三山にて

コメントは記事上部、左手より。お気軽にどうぞ♪
 にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ もしよければ
 にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
 にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ

テーマ : 山の風景
ジャンル : 写真

プロフィール

いぼ仙人

Author:いぼ仙人
水草・登山・自転車・ダイビングと楽しんでおります。
当ブログはリンクフリーです。コメント等で連絡いただければ、こちらからもリンクさせていただきます。

コメントは各記事のタイトルをクリックしていただけば記入欄が表示されます。
お気軽にコメントして下さい。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
カウンター
検索フォーム
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ