光合成の話をしようか

Category : DIY・他
※リンクにLight‐Hearted Photographyを追加しました。
 それはそれは素敵なお写真がいーっぱい。なんだかもう、あーとりあえず見てみてください!



前回の記事の続きになります。
思いの他反響が多く、緊張気味です。


さてさて、水草が赤くならない理由はほぼ光量だと書きましたが、ここで注意点です。
まず、赤くはなっていなくても、あくまでもそれなりにその水草が育っている環境でのお話です。
水草ひょろひょろコケまみれでは、きっと今回の話は通用しません。

そして、当たり前ですが例外も多数あると思います。今回はあくまで一例です。
&私の個人意見も入っております。
&私は赤系水草はおろか、アヌビアス・ボルビ・ミクロソリウムすら上手く育てられていません。


ではまいりましょう。
水草が赤くなる理由は、ズバリ、「日焼け」なんです。
これは陸上の植物にも当てはまります。


でもその理由を書く前に、少し光合成のお話を。

植物は光合成をして生きているのは、習ったと思います。
光合成は、
水とCO2と光でデンプンを作ってしまえ!という
植物の持つ、そんなのありかよ、な超ビックリ能力です。(で、排気ガスが酸素)
水とCO2でどうやったらご飯ができるのか…

光合成はまだまだよく分かっておらず、人工的に完全光合成を成功するとノーベル賞だそうで。
ノーベル賞欲しい方、是非。


なので光が無いと植物はデンプンを作れず枯れます。
窒素やリン etc…は植物の成長に必須ですが、まずは生き物、エネルギーがいります。

私たち人間だって植物が作ってくれたデンプンで動いてますし、
ライオンだって、動物の肉経由でデンプンを摂取しています。
この世は、植物が作ったデンプン争奪戦なのです。

P8240926_convert_20140824232724.jpg


しかし、だからといって植物も光がとにかく多けりゃいい、という訳では無いようです。
と言うより、光が沢山ある場所は生存競争が激しく、なかなか進出できない、
暗い場所で生きて行こう……。という感じでしょうか。

暗い場所で生きることを選択したのが、コケやクリプトコリネ、アヌビアスなどなど
(現地行ったことないので分かりませんが)。

じゃあ、明るいところで生きていけるぜ!
となった水草がうほうほなのかというとそうでもないようです。

熱帯の超強烈ハイパー太陽光線は、そんな勝ち組だったはずの水草たちに試練を与えます。
クロロフィルの分解です。


つづく



コメントは記事上部、左手より。お気軽にどうぞ♪
 にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ もしよければ
 にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
 にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 水草水槽
ジャンル : ペット

Comment

そう言われてみると、植物の光合成ってすごい!w
高さのない小型水槽のほうが赤くなりやすい気がします
続きがきになりますねぇ、早く読みたいです 笑

No title

確かに光と二酸化炭素でデンプン(糖)を作って酸素を排気するようなものができれば、しかもそれを高効率できたならば、もうホントに永久機関が作れそうですよね。
っていうか作れますよね。

でやっぱり日焼けですか…水面近くになると赤っぽくなるのはその為ですよね。

だとすると単純に光量をめちゃくちゃアップしちゃうと赤くなりそうですけど…たぶん続きでその謎が明らかになるんですね(ワクワク)

こんにちは~m(__)m

(゜-゜)(。_。)ウンウン
人工的にでんぷん質の精製ができない
から直接植物を増やして、その植物か
ら取れる油分で……バイオエタノールを
……
はΣ
ズレた!

続き楽しみにしてます(^O^)

No title

〉ぽちさま

そうなんです、たぶん浅い水槽の方がいいです!



〉うりぼうさま

ほんと植物ってすごいです。食い物体内で作るとか…

たぶん、光を強くすれば赤くなります(笑)



〉 toyo-s2さま

石油も元はと言えば植物ですし、バイオエタノールってそんなにびっくりする発想じゃないんでしょうね。
石油を作るのはでも無理なのでしょう。
非公開コメント

プロフィール

いぼ仙人

Author:いぼ仙人
水草・登山・自転車・ダイビングと楽しんでおります。
当ブログはリンクフリーです。コメント等で連絡いただければ、こちらからもリンクさせていただきます。

コメントは各記事のタイトルをクリックしていただけば記入欄が表示されます。
お気軽にコメントして下さい。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
フリーエリア