スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤系水草と照明のお話

Category : DIY・他
長くなっておりますが、水草が赤くなる話の続きです。
前回記事はこちら
初回記事はこちら


ここまでの話を整理すると、
赤系水草の葉は、普通の緑系の水草よりも光に弱く(暗い環境でも大丈夫という訳ではありません)、
強い光があてられると、緑の水草よりも早くクロロフィルの分解が発生、
しかし、白化せずに赤い物質アントシアニンを作る
だから赤くなる、ということです。
(ここまでの話はこれが言いたかっただけです)

これを考えると、赤系水草は
緑系水草が白化するような環境でも生きれるように進化したのか、
明るいところが苦手だけど、どうせなら明るいところで生きておくか、
といったところでしょうか。


水草水槽で赤を発色させることが目的ですので、この辺りで難しい話はやめにします。
とにかくまずは明るくすればいいのです。
というよりも暗いと赤くなりにくくなるはずです。
水面付近に近づくと赤くなる、ということはよく起きますよね。これが証拠でしょう。

結論としては、明るけりゃ照明はなんだっていいと思います。
明るくすればいいのか!と、簡単にライトを増設できる経済力がある方はそれでいいと思います。
しかし庶民には…

では、いかに効率よく明るくするか。やっぱりメタハラバシバシ攻撃がいるのか、について考えます。
照明によって赤くする効率は違うと思われます。

P8240935_convert_20140825205833.jpg


恐らく赤くする能力が一番高いのは、「蛍光灯」です。
古くから水草水槽を引っ張ってきた長老ですね。

まず、影が出来にくい、ということが一つです。
この影が出来にくいというのは、蛍光灯が面的な光源であることで生まれる効果ですが、
おかげで下葉にもしっかり光が当たります。
水草全体を赤くしたいのであればかなり優秀です。

光に直進性がないため、それなりの本数の蛍光灯を水槽上部に設置しなくてはなりませんが、
今まで普通に赤い水草が育てられてきましたので、
60cm企画水槽に3本~4本程度の計算でなんら問題ないでしょう。お値段もかなり安くつきます。

さらに蛍光灯が出す波長がこれまたいい感じなんです。
特に紫外線がいいんです。
長くなるので波長の話はまた次の機会にします。


お次は「メタルハライドランプ」
通称メタハラのこやつは、なんてったって超強烈な光。
直視しようものなら、目が…目が…。直接見ないでくださいね。

光の量、波長はなんら問題ないどころか、蛍光灯を上回っていると言えます。紫外線も出てるし。
しかし点光源なので影が出来易い、という欠点があります。
下葉まで赤くするにはそれなりの工夫がいるでしょう。

ADAの水槽はメタハラでめちゃ赤いインディカじゃないか、と思われるかもしれません。
ADAは90cm水槽でもメタハラ1.5基といった感じに、基本的にメタハラの1基使用はありません。
180cmなどなれば、もういったい何台使ってるの?です。
なので、それぞれのメタハラから出た光がお互いに影を消し合う結果となり、
赤系水草の発色を実現してるのでは、と思います。
多灯するなら蛍光灯より優秀です(その分お値段・発熱もすごいっす。)。


最後に期待のエース「LED」です。
この子は…赤系水草にとってはなんらメリットは無さそうです…。
うちもLEDなのに…

点光源で影ができる&波長足らず
赤発色には最も不利なライトです。

多灯することで影は消えるでしょう。
波長は頑張っているものもありますが、蛍光灯やメタハラに遠く及びません。
全波長みたいなのはアッチャンプリケーなお値段ですし。
とにかく非効率的です。

でも!でも!アクアスカイは赤系水草育ってるよ??
そうなんですよね。ADAさん気づいたんでしょう。知ってたのかな?
多灯することで影を消して、そして、波長は……


ぶっちゃけ波長は二の次でいいんだよね!!(どーん!)
その分明るけりゃ問題なし!!


そうなんです。
赤の発色には波長がかなり絡んできます(だから蛍光灯が優秀)。
でも、その分明るけりゃそれほど問題ないんです。(緑の水草育成だってそうなんです。)


LED…電気代-明るさが前者他の二つを超えればもしかすると最高のライトかもしれません。


コメントは記事上部、左手より。お気軽にどうぞ♪
 にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ もしよければ
 にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
 にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 水草水槽
ジャンル : ペット

Comment

むむ!うちはすべてLEDですT^TしかもADAじゃないT^Tけれど基本的に小型水槽だけなので高さを考えたら、小型水槽ならLEDでいけるかもですね!ちょっと試してみます^ ^

No title

>ぽちさま

たぶんADAじゃなくても何ら問題ないと思います。
次回そういう言う話にもふれようかな。

No title

波長の話はまた記事にされると思うのであまり触れませんが、日焼けに例えると解りやすいですね~
赤い水草を赤くするのはなかなか難しいです、でも照明の種類によって違う特性をうまく利用すれば結構赤くなってくれますよね。
僕はアクアスカイと蛍光灯(特殊波長)を組み合わせて使っています。
水草の種類によって嫌いな波長と好きな波長があるので面白いですよね。

コケも光量を増やすに従って発生しやすくなるのでそれも困ったもんですが。。。

No title

やはり高光量ですね。

ちなみに私、蛍光灯(60cm水槽の高さ40cmでT5管24W×4ですが)を使ってても赤くならなかったんですよね~これが…蛍光灯がヘタってたのかもしれませんけど(^^;

波長の話とか色々他にも要素はあるでしょうから単純に光量アップすれば良いというわけではないのでしょうが…結構お金かかりますね(^^;


No title

30Cのインディカは成長は早いんですが
赤みがイマイチ乗りきれませんね~
トニナは絶好調なんで光量は足りてそう??

45の方のロタラミャンマーが赤くなるのは
光量・照射距離は同条件なんで波長が関わるとすれば
少し太陽光が入るのも一因かもしれませんね

No title

〉 Yossyさま

うおお、なんだかレベルの高そうなコメントです!
特殊波長って、植物育成用とかでしょうか。



〉うりぼうさま

それだけ明るければほかの要素かもしれませんね。
奥が深い…



〉かっちんさま

太陽光はやっぱり最強だと思います。
日陰でも蛍光灯何本もよりも明るいですし。
非公開コメント

プロフィール

いぼ仙人

Author:いぼ仙人
水草・登山・自転車・ダイビングと楽しんでおります。
当ブログはリンクフリーです。コメント等で連絡いただければ、こちらからもリンクさせていただきます。

コメントは各記事のタイトルをクリックしていただけば記入欄が表示されます。
お気軽にコメントして下さい。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。