水草の色と波長のお話

Category : DIY・他
本シリーズ初回の記事はこちら


前回で赤系水草にとっての光の重要性を書きました。
さて、今日は光の波長のお話です。

ADAはよく言ってきました。
赤い光は水槽では減ると。
当ブログのシリーズ八重山の写真で比べてみても分かるかと
浅い水中
深い水中
深い方になると赤はありません。
たとえ赤でも黒く見えます。赤い魚は深場では黒なのです。
赤い光が無くなっている証拠です。

でもこれは水深20mでの話。
せいぜい高さ数十センチの水槽でそこまで赤の減衰が起きるとは思えません。
赤は青に比べると減るでしょうし、青の方が透過率がいいのはそうでしょう。
ADAは嘘は言ってないです。どこまで水草の生育に影響があるかは別ですけれど。
効率がいいのは確かに青色光です。


次に、LEDが出てきたころから言われ始めました。
LEDは赤の波長が無いから水草は育たない。

んん?言ってることがまるで反対ですね。
水中で赤が吸収されるなら、別にLEDが赤の波長出してなくてもいいわけで。

P8080735_convert_20140827203427.jpg


この二つから分かることは、どうだっていいんじゃない?
です。

赤も青も要ります。だって無いと演色性がダメダメですもん。
レッドファントムが黒くなったりしてしまいます。
でもLEDにせよ、なんにせよ、それなりに全ての波長の光が出ています。
じゃあ、後は効率の問題なんです。


どうして植物は大抵緑なのでしょう。

それは、緑の光を葉が跳ね返しているからです。
緑の光はあまり光合成に使えないんです。

光合成の場クロロフィルは青、赤系の波長を好みます。
だからいらない緑は跳ね返してしまえ、なのです。
でも、全く使えないわけではありません。
緑でも大量にあれば大丈夫です。
(黒髭、藍藻は普通に使えます…緑の光大量放射はこやつ等の目を覚まさせる結果に…)

ということは、赤系水草は光合成に有効な赤の波長を跳ね返しています。
何故でしょう。

それは、
それどころじゃないよ…、だからです。
光エネルギーが強い…クロロフィル死ぬ…
となっているので、まず、
とにかくヤバいエネルギー元を何とかしよう…

とにかくヤバいのは紫外線…
紫外線を何とかしてくれるのは…アントシアニン君だ…

となってクロロフィルを壊してまで、赤色の(=赤を跳ね返す)アントシアニン君を作るのです。
アントシアニンは紫外線を吸収してしまうのです。

そしてアントシアニンを作れ!という刺激を与えるのは、なんと青色光なんです。
水草を赤くするには、青色+紫外線(特に青色)なのです。
青の光をとにかくバシバシ当てることが、赤色発色の第一歩なのです。

青色光を当てて当てて、光合成どころじゃない…と思わせるのが良いのです。
なので、間接光などが差し込み、
クロロフィルそれなりにないと光合成できないよ
な状態があると、アントシアニンの合成が阻まれ、赤くならない可能性があります。
バシッと光を当てて、消すときは真っ暗が理想でしょう。


今のところ青色光の少ないライトはアクア用ではないでしょう。
なので、どんなライトでも問題なさそうです。
そして、水草育成はできればスペクトルバランスはいい方がいいのですが、
波長うんぬんよりも、とにかく明るさです。コケは水質面で何とかしましょう。




コメントは記事上部、左手より。お気軽にどうぞ♪
 にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ もしよければ
 にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
 にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 水草水槽
ジャンル : ペット

Comment

ぐっ……ADAのじじぃめ騙したな
(´・д・`)
昔メタハラでグリーン球なんて売付け
やがって……どうりで育たん訳だ(水槽全体が緑になるので、コケが生えたのが見えなくて気が付いたら腐海にのまれてたw)

No title

なんと言っても、シリーズ八重山の写真が説得力ありますなぁ~!

明るさが正義!波長は気にしない様にします。

なんて分かりやすい!!
(理解したかどうかは怪しいですが、、、)

LED照明でも、黄色系の白色や青色系の白色がありますが、
ADAアクアスカイは黄色系の白色の様に感じます。

てことは、赤系の水草が赤くなりにくい??

赤系水草に青白色のLEDをスポット的に浴びせてみようかな?

No title

というわけで僕は興和のRB37を併用しています。
これはおすすめです。

No title

> toyo-s2さま

見た目が緑でも、中身が青や黄が多くて緑なら良いのではないでしょうか。
コケと言っても緑色のものは、水草と同じ波長を好むと思います。



〉 ミッションアクア

オール緑波長のようなのさえ除けば、それなりに波長出てるんで大丈夫なんだと思います。
魚や水草の色が普通に出ていれば大丈夫だと思います。



〉いけこじさま

アクアスカイは波長面の弱さを明るさで補っているものだと思います。
もし、水槽に対して適切なアクアスカイなら、ライトは問題ない気もします。
何事もやってみないと分からないのですが…



〉Yossyさま

RB37見ました。
これはすごい…植物育てるためにできた電球ですね。
波長は二の次といいながらも、これは良さそうです。
非公開コメント

プロフィール

いぼ仙人

Author:いぼ仙人
水草・登山・自転車・ダイビングと楽しんでおります。
当ブログはリンクフリーです。コメント等で連絡いただければ、こちらからもリンクさせていただきます。

コメントは各記事のタイトルをクリックしていただけば記入欄が表示されます。
お気軽にコメントして下さい。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
フリーエリア