スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

濾過槽全貌

Category : DIY・他
90cm水槽はオーバーフローで維持しています
フロー管については記事にしたので、今回は濾過槽についてです
オーバーフロー記事はこちら


写真を撮ろうと思ったのですが、
汚い・奥まっててなかなか出せない・保温用の銀マットを貼ってるので結局中が見えない
ということなので図にしました


図1_convert_20141101221527

一般的なサンプを模して、本体は60cm水槽を使っています
それに二か所プラ板で仕切りをしています
プラ板の固定はシリコン接着剤です

プラ板はケチらずに厚めの物を使用すると◎です
薄いと濾材や水の圧力でたわみ、すぐにシリコンが剥がれてきます
長く使うものなのでココ結構重要です


サンプに入ってきた水は、ウールマット、刻んだ洗車スポンジをネットに入れたものを通過します
いわゆる物理濾過ゾーンです
洗車スポンジは生物ろ過用ですが、物理濾過もしてもらっています

その後、すのこを通過することによって隣のブースに水が移動します
すのこには野良猫除けマットを使っています
人工芝や、鉢底網、プラ板に穴を開けたものなど、水が通ればなんでもいいと思います

すのこを通過した水は、軽石を下から上の向きで通過していきます
軽石は普通の園芸用で、10kg入っています
60cm水槽なので大量に濾材が入るんですよね

その後、仕切りを乗り越え、デニボール、セラミック濾材を通過してポンプによって水槽へと戻ります
デニボールもセラミック濾材も、要らないのですがあるので入れています
正直、軽石だけで十分以上の濾過材です
ヒーターもこの位置に設置しています


水草水槽用なので、ドライ部分は作っていません
排水口から濾材すべてが水面下なので、吸水されてからこの方、水面以外での曝気はありません
通常のオーバーフローのように爆気したい場合は、
吸水量を増やして空気を巻き込むか、排水口を水面より上に持ってくるといいと思います
ドライ部分も水槽の淵に掛ける等で増設可能かと思います


オーバーフローはなんと言ってもその濾過槽の大きさが強みです
そんじょそこらの外部フィルターや上部フィルターでは到底及ばない量の濾材を入れることが出来ます

さらに濾過槽内の水流は、ポンプに依りますがかなりゆっくりしており、濾材と水が触れる時間も長いです
濾過槽の低面積が広いので目詰まりもまず起きません
汚泥のほとんどはすのこ部に溜まり、濾過に一役買います
加えてヒーターが濾過槽内に設置できる、足し水程度なら濾過槽から可能と、いいこといっぱいです

もし、ちょっとやってみようかなと思った方、ぜひ(自己責任で!)



コメントは記事上部、左手より。お気軽にどうぞ♪
 にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ もしよければ
 にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
 にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 水草水槽
ジャンル : ペット

Comment

No title

記事にしていただきありがとうございます(*'▽')

60センチが2つ余っているのでやりたくて仕方ないですが・・・・
本体の水槽がありません(;´・ω・)
スペースもないし・・・・(つд⊂)エーン

作りたいよー(つд⊂)エーン

No title

>こう様

いえいえ~いつか記事にと思っていたのでいい機会でした。図とか写真少なくてすみません。

今維持されている水槽の一つを試験的にオーバーフローにしてみられては?
二段式の水槽台等であれば下のスペースが濾過槽置き場になりますよ~
それに60cm水槽ならば、濾過槽一つで水槽3つくらい共用できると思います。

No title

 ろ過槽が大きくて、ヒーターとかエアレとか水槽の外に設置できる魅力はすごいんだけど・・・
 落水音もほとんどなし?

 う〜ん、魅力的すぎる・・・

 透明アクリルパイプとかでおしゃれに作ってみたいです

No title

今回の記事といい、前の記事といい、とっても参考になりました!

いつか…いつかマリンアクアに手を出した時には参考にさせて頂きます(^_^;)

っていうか自作する自信が全く無いのですけれど…orz

やってみたら大洪水というオチがチラチラ見え隠れしています(笑)

なのでこの記事はその時のために保存させていただきました♪

No title

〉のっけうしさま

落水する部分がないです。通常のオーバーフローは落下していきますが、こちらはサイフォンですので、水槽から水を出す原理は外部フィルターと同じです。

アクリルだとかなりかっこいいと思います♪



〉うりぼうさま

原理さえわかってしまえば、作るのは簡単ですよ~
一時間あればできます。
原理が分からなくても、一時間半あればできます(笑)

マリンアクアに使われる方が多いようです。水が跳ねないのがいいのでしょうか。
非公開コメント

プロフィール

いぼ仙人

Author:いぼ仙人
水草・登山・自転車・ダイビングと楽しんでおります。
当ブログはリンクフリーです。コメント等で連絡いただければ、こちらからもリンクさせていただきます。

コメントは各記事のタイトルをクリックしていただけば記入欄が表示されます。
お気軽にコメントして下さい。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。