魚の卵の守り方

Category : 海・ダイビング
P7261485_convert_20151111215910.jpg

こちらジョーフィッシュ
ギンポの仲間です
最大4倍+デジタルズームで限界の撮影
マウスブルーダーなのですが、見えませんね



P7261486_convert_20151111215923.jpg

なんとか口の中の卵が見えますか…
肉眼だと結構はっきり見えてました
パクパクと新鮮な水を卵に回していました
そして次の瞬間、巣穴の奥に逃げてしまいました




P7261487_convert_20151111215946.jpg

こちらの卵は、イソギンチャクが見えてるのがヒント



P7261488_convert_20151111215959.jpg

クマノミの卵でした
卵を守るクマノミは普段より、より威嚇してきます
下手に近づくとあちこち噛んできます



一瞬目を離すと、次の瞬間には食べられてしまうであろう環境で
子育てする姿は本当に美しい



(写真は高知県柏島にて)

コメントは記事上部、左手より。お気軽にどうぞ♪
 にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ もしよければ
 にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
 にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ダイビング
ジャンル : スポーツ

Comment

No title

 そうですね
 自然界は常に敵の存在が・・・

 混泳水槽で繁殖できてこそ、“生き抜く”ことになるのかなぁ

No title

ニモ可愛い~^^
タマゴはあんな色なんですね。
子孫繁栄のために頑張る姿、
感慨深いです。

No title

>のっけうしさま

水槽と違って自然だと広いので、混泳水槽での繁殖とはまた違うとは思います
混泳水槽だと産卵そのものの難易度も上がりますよね…


〉くれいんまんさま

ニモはカクレクマノミでこちらはクマノミ
ちょっと違うんです
クマノミにもそこそこ種類があるんです~

No title

おはようございます~
ジョーフィッシュがどれなのかわかりませんでした(汗)
クマノミは勇敢ですね!
自分の何倍あるかも分からない人間にもかかってくるなんて凄いです(汗)

No title

>せーじさま

あら(汗)
ど真ん中の黄色いのが口です。上を向いています(汗)

くまのみはフィンやらなんやら噛んできます。
必死なんですね。
非公開コメント

プロフィール

いぼ仙人

Author:いぼ仙人
水草・登山・自転車・ダイビングと楽しんでおります。
当ブログはリンクフリーです。コメント等で連絡いただければ、こちらからもリンクさせていただきます。

コメントは各記事のタイトルをクリックしていただけば記入欄が表示されます。
お気軽にコメントして下さい。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
フリーエリア