水槽に川底を

Category : 90cmメイン水槽
リセットしてもうすぐ一月
空いていたスペースに石を敷きました



PB291859_convert_20151129203053.jpg

川の淀みの隅っこの流木の堆積
コンセプトが一つ進みました



PB291872_convert_20151129203206.jpg

流木で水がやや黄ばんでいるのと
どうしてもシャッタースピードが遅いので、CO2の泡が伸びて写真がこんな感じに
(シャッタースピード1/30とかなんです)

川底というには程遠いですね
どうしてもやっぱり何か違う



PB291866_convert_20151129203109.jpg

近くによると、意外とリアルにできてるのではと勘違いします



PB291867_convert_20151129203120.jpg

なんだかエビに合う雰囲気になりました
遠景とか近景とかじゃなくて、
生き物:素材:水草=1:1:1
これだけは自分の作る水槽では崩したくないですね、難しいですけど



PB291869_convert_20151129203134.jpg

白い粒はCO2の泡です
これはこれでいい雰囲気です

遠景近景は無視ですが、それでも奥行きは出したいので
大きな石は手前に、小石を奥にを少し考えました
アヌビアスもノーマルを手前に、ミニを奥に
トリミングを考えるとぞっとしますね(笑)



PB291870_convert_20151129203153.jpg

自然の川では、
小さな石が大きな石の下に潜り込み、大きな石ほど上に、小さい石ほど底にとなります
(あまりにデカい石は根っこ埋まりますが)
これを粗粒化と言うそうです

粗粒化が進むと川底表面が石だらけになり、草が生えません(渓流なんてその典型)
水草が生えるところは、
大水などで時々川底がかき乱され、砂が表面に浮いてくる所の、砂や泥が溜まりやすくなっている所

そんなこんなで、今回の石を敷く際も、
大きめの石は埋もれているか、小石の上に乗っているか、としました
ただ、それでもどこか違う…そんな単純なもんではないですね
やはりレイアウトって難しいです




コメントは記事上部、左手より。お気軽にどうぞ♪
 にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ もしよければ
 にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
 にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 水草水槽
ジャンル : ペット

Comment

No title

そのコンセプト好きです!
川底にはいろんなものがありますよね。
枯葉だったり朽ちた木だったり。
完全再現は難しいですけど、
それをレイアウトで近づけるってのは
私はすごく好きなので、今後も写真を楽しみにしています^^

No title

ばっちり、川底・・・に見えます!

どうしても、ゴツゴツ系の石を選びがちですが、「角のない石」の方が
身近な川の感じがしますね。
そして、そんな水景にエビがマッチしてますねぇ。。。

No title

これぞポテトさんの真骨頂
上から見る水槽はまさに川底、箱メガネ水槽というジャンルがあってもいいですね

こうやって違和感を少しずつなくしながら作り込んでいくんですね!

エビが棲んでる場所そのままです(^^)

自然を考えてのレイアウトも難しいですねー。

No title

> くれいんまんさま

完全再現は厳しいでしょうね~
たぶん完全再現=見ていて気持ちのいい水槽は違うんじゃないかとちょっと思いました。


〉ヨッシーさま

そもそも川の石は尖りませんもんね
エビはそういう川に住んでいるので似合うのでしょうか。
本来ない尖った石を水槽に入れて新鮮さを出したのが天野さんだと思います。


〉 sukunahikonaさま

石をどばっと水槽に入れれば誰でも簡単にできます(汗)
箱メガネ水槽!いい名前ですね!
水槽を上から見ることも多いので、勝手にそういうことも意識してそうです。


〉まさひこ 海人さま

こっから先は水替えしてる時に崩れたとか、そういう意図しないことによって落ち着いてきてくれるのかなと思っています♪
非公開コメント

プロフィール

いぼ仙人

Author:いぼ仙人
水草・登山・自転車・ダイビングと楽しんでおります。
当ブログはリンクフリーです。コメント等で連絡いただければ、こちらからもリンクさせていただきます。

コメントは各記事のタイトルをクリックしていただけば記入欄が表示されます。
お気軽にコメントして下さい。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
フリーエリア